読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさのあっぴーの明日もじっくりコトコト

クラブ、アニメ、マンガなどについてじっくりコトコト書いてます

【Free DL】昨年執筆したアニクラについての修士論文をネットの海に放流します【 #あさの論文 】

アニクラ

突然ですが、修論を公開します。

 

浅野裕貴「クラブという空間を巡って ―アニソンクラブイベントの現在―」(PDF)

 

昨年度執筆した修士論文「クラブという空間を巡ってアニソンクラブイベントの現在」を本名名義で公開いたします。

 

論文の概要は以下の通りです。

 本論文は、アニソンクラブイベントにおける諸実践を分析し、空間や集団性に焦点を当てることで今日の音楽文化の特徴的な一側面を考察するものである。

 アニソンクラブイベントは、DJがアニメソングを流すクラブイベントの総称である。とはいえ、アニソンクラブイベントにおけるさまざまな実践はクラブイベントと称しているにも関わらずクラブでみられる空間とはかけ離れている。では、アニソンクラブイベントが形成する空間は一体何なのだろうか。フィールドワークやインタビュー調査を通じて明らかにしていく。(論文要旨より抜粋)

 

平成282月に開催された「東京藝術大学 音環卒展 修了展2016」での発表では、Re:animationオーガナイザーの杉本真之さま(合同会社アクペリエンス)にご登壇いただき、有意義なコメントをいただきました。改めましてありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

さて、その発表からちょうど1年が経ちましたが、アニクラをめぐる状況はますます変化しています。

自分自身、DJとして活動していて、「今後シーンがどうなっていくのか?」という問いに直面する機会が多くなりました。

そんな状況の中、自身の研究の成果を公開することは、シーンに一石を投じるとまでいかなくとも、何かしらの契機になれば良いな、と思って公開することにしました。

このまま日の目をみないままHDDの肥やしになってしまうのは勿体無いですし…。

もちろん、各方面からさまざまなコメントをいただけると幸いです。

適当に@飛ばしてください!!それかハッシュタグ #あさの論文 で!

 

 

【筆者プロフィール】

浅野裕貴 Yuki Asano

( @asanoappy )

DJじっくりコトコト。

東京藝術大学大学院 音楽研究科 修士課程 修了。文化研究。オーディエンス論。アニクラ研究。
1992年福井生まれ。
幼少のころからピアノに慣れ親しみつつ、雪国ならではの感性を育む。
2011年よりDJとしてのキャリアをスタート。
Deep/Prog/TechHouseなどを軸に、繊細でストーリー感のあるプレイを得意とする。
特にフロアコントロールに定評があり、その丁寧な焦らしプレイは「じっくりコトコト」と評されることもしばしば。
2016年9月には、『KANAight ~花澤香菜キャラソン ハイパークロニクルミックス~』のリリースを記念して開催された『KANAight2 ~Powered by Re:animation~』に出演し、花澤香菜のオリジナル楽曲のみをプレイしフロアをグルーヴの渦に巻き込んだ。
超都市型屋外DJフェスティバル『Re:animation』でレジデントをつとめるほか、アニソンクラブイベントを題材にメディアに寄稿するなど、その活動は多岐にわたる。

 

ご質問やご感想、お仕事のご依頼などは下記メールアドレスもしくはTwitter( @asanoappy)まで

asanoappy[at]gmail.com

https://twitter.com/asanoappy

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 2.1 日本 ライセンス

Re:animation 9 サイレントフロアこと奇祭を振り返って

完全に休業状態のブログですが、リアニ振り返りに使ってみましょう!ということで、

『Re:animation 9 -Rave In 新宿歌舞伎町-』に関わったみなさまお疲れ様でした&ご来場のみなさまありがとうございました!!
当日から一週間経ちリアニロスも落ち着いてきた今、自身のプレイを淡々と振り返ってみようと思います。

f:id:asanoappy:20160717222947p:plain

シネシティ広場のPAブースの後方で繰り広げられたサイレントフロア。FMバッチを持つ人のみが楽しめるこの第3のフロアをどうにか完走させる、というのが僕のミッションの一つでした。

正直、どれくらい人が集まるか、どれくらい楽しんでもらえるか不安だったんですが、終えてみると大きなトラブルもなく、大盛況のまま終演で何よりでした。足を運んでいただいたみなさまありがとうございました!

そんなサイレントフロアを締めくくるべく、おたっきぃ佐々木さんからバトンを渡されてのプレイでした。

 

----

 1. duvet Cyberia ReMIX / Boa/HIBIKi SOUND FACTORY

ゆったりしたグルーヴから立ち上げたかったのでこの曲から。
最近、lainの上映会をして何回観てもよくわからん…ってなりました。
lainではノイズがブーンと鳴っているシーンが多々ありますが、それがラジオっぽさあるしちょうど良いかなと。

 

 2. Rainbow / ROUND TABLE Feat. Nino
 3. おかえりなさい / 坂本真綾

完全に #夏

 

 4. 河内音頭 / 西奈実栄

#大サイレントDJ祭 でもかけたトラディショナルレイヴミュージックこと河内音頭。また、実際に行われているというサイレント盆踊りにリスペクトを込めて。

 

 5. 午後のパレード / スガシカオ
 6. DOWN TOWN / 山下達郎
 7. JOY / YUKI

J-POP三連発。特にDOWN TOWNは中学高校くらいのときに、父が運転する車のラジオで良く耳にしていた覚えがあります。イントロが流れるだけで気だるい午後の福井の幹線道路が目に浮かぶ…

 

 8. Feel Good - Cavego Extended Remix / Satin Jackets
 9. Junofest - Original / Dexter

夏っぽいおハウス。こっち側に切り替えても何人も踊り続けてくれて嬉しかった!

 

 10. REFLECTS / AOKI takamasa × Ichiro Yamaguchi

サイレントDJということで、何か面白いことできないかなと試行錯誤してました。いろいろと音源を掘っていたのですが、こちらはバイノーラル録音のもの。いつもと違う音体験、いかがだったでしょうか?

 

 11. TRY UNITE! × Become One [中島愛 vs Dosem] / asanoappy
 12. City Lights × I've Got It [HyperJuice vs Ko Kimura] / asanoappy

自作マッシュアップ二連発。

 

 13. Shangri-La (Y.Sunahara 2009 Remodel) / 電気グルーヴ
 14. Body & Soul / SPEED
 15. SHAKE / SMAP

再びJ-POPに。サビのところでみんなでシャウトするの楽しいよね!!

 

 16. 風になりたい / THE BOOM

風になりたい…風になりたくない…??サンバっぽくなるところ最高に楽しい。

 

 17. 星間飛行 (DJ SEVEN Summer Edit) - Ranka Lee / DJ SEVEN
 18. ルンがピカッと光ったら / ワルキューレ

キラッ☆ミ」とすると見せかけて \準備はいいんかい?/

 

 19. プリンシプル(fmtr Rework) / 洲崎綾

ここからクールダウンしつつ、夏、エモ、グルーヴな感じに。Re:Bootsからの一曲。

 

 20. Summer Sunset / 花澤香菜

夏、屋外、夕方、というシチュエーションで聴きたい名曲。絶対使いたかった。

 

 21. Rollin' Rollin' / 七尾旅人 x やけのはら

〆は悩んだのですが、この曲に落ち着きました。グルーヴをつかまえて。

 

-----

というわけで、自身のプレイはこんな感じでした。サイレントフロアの他の出演者がほぼアニソンでガンガン盛り上げてプレイしていく中、最終的に落ち着くところに落ち着いたなあという自分のプレイでした。

みみもとラブプラスとか用意していたけど、グルーヴに引っ張られて出番なかったな…かける機会があればその時にまた。

みみもと ラブプラス
 

サイレントでやることが如何に面白いか、みたいな話は #大サイレントDJ祭 のときにまとめていたので読んでね。

ただ、静かな大学の構内で開催していた大サイレントDJ祭と違い、リアニ9ではメインフロアの大音量が外で鳴っている中でのサイレントフロアでした。なので、同じ空間にいる人達なのに全然違う盛り上がり方をしている、というギャップが面白いことになっていました。

空間の制約をほぼ気にせずに複数フロアを展開できて、さらにそれを傍から見るのも面白いという一石二鳥なサイレントシステムなので、もっと広がるといいですね!FMバッチもパワーアップしたらより楽しさも可能性も増しそうです。

奇祭、またやりましょう。

 

ではこの辺で。

今更だけど寝転がりながらKindle本をダラダラ読むのはとても捗る件

読書

 先週、風邪をひいた。熱が上がったり下がったりで、2日とちょっとくらい寝込んでいたら普通に治った。念のため病院に行ってインフルエンザの検査を受けたら陰性。ノーインフル。

 そんなこんなで月末にブログ更新しようと思ったものの機会を逃してしまった。先月の更新は一回だけなのに!ブログ開始して3ヶ月くらいなのに!

 

 

そんなこんなで、寝込んでいた間に、だいぶ暇を持て余してしまったので、以前Kindleで購入していた小説をじわじわ読み進めた。以下の5冊である。

 

続きを読む

作業がススム!私が修士論文執筆時に聴いていた さいきょうのBGM5選

音楽

 とうとう2月になってしまいました!誕生月だ!あさのあっぴーです。

 ところでみなさん、普段作業中にどんな音楽を聴いたりしますか?掃除をしたり、レポートを書いたり、ネット見ながらダラダラ過ごしたり、いろんな場面でBGMを欲することかと思います。

 今回は、表題の通り、私が修士論文を執筆時にBGMとして聴いていた楽曲を紹介します。

 昨年12月に修論を提出したのですが、一人で家に篭って黙々とPCに向かっていると段々煮詰まってくるわけです。そんな時に思考をドライブさせたり、タイピングの速さが5倍くらいになるような音楽があったら…ということで、なるべく作業効率が上がるようなものを聴いていました。

 つまりここで紹介するものをBGMにすれば、あなたも爆速で作業が終わるはず!!まじで!!

 

 というわけで、以下順番に紹介していきます。

続きを読む

シリーズ:先月の3曲 vol.1 | 2015/12

音楽

どうも、あさのあっぴーです。

今年はブログをやるぞ!と宣言し最初の2記事で力尽きてしまったのか、すっかり間があいてしまいました。

というわけで、表題にあるように、先月のナイスな曲を3曲紹介するシリーズを始動します。

私は普段、PCに取り込んだ曲をiTunesで各月ごとにプレイリストでまとめているのですが、その中から良い曲を3つ紹介しよう!という企画です。

先月聴いた曲でも買った曲でも借りた曲でもなく、iTunes追加した曲です。なので、常に新譜について紹介するというわけではないのでご了承ください。

今月の3曲でも良かったのですが、そうすると書くタイミングが月末に限定されちゃうので、あえて先月の曲について書きます!

というわけで早速スタート!!

 

続きを読む